log

毎シーズン恒例のDSMGリニューアルオープンをフォトレポート 「グッチ」とのコラボコレクションも

09 28 *2018 | supreme 19ss

東京・銀座のドーバー ストリート マーケット ギンザ(以下、 DSMG)は、同館取り扱いブランドの2016-17年秋冬コレクションの出そろいに伴い7月14、15日の2日間閉館し、16日にリニューアルオープンした。DSMGのコンセプトである“美しきカオス”を基に店内のレイアウトを一部変更した他、「グッチ(スーパーコピーSupremeGUCCI)」のメンズ限定アイテムなどをそろえた。開店前には国内外から多くの人が駆け付け、約100人が列をなした。ここでは、各フロアのリニューアルポイントをフォトレポートする。
エレファントスペースでは、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」の16-17年秋冬コレクションに合わせたレイアウトを披露。シーズンテーマである“18世紀のパンク”が表現された。
「コム デ ギャルソン」2016-17年秋冬パリ・コレクションの全ルックはこちらからチェック
「コム デ ギャルソン」2016-17年秋冬パリ・コレクションのレポートはこちらからチェック
 「ブラック・コム デ ギャルソン(BLACK COMME DES GARCONS)」の並ぶスペースでは、同ブランドのTシャツを身につけた複数のマネキンたちが手を取り合う。
 「カラー(KOLOR)」は、内装デザインの一部を変更。“ポイントオブビュー”をテーマに、デザイナーの阿部潤一が柱のデザインを手掛けた。
「カラー」2016-17年秋冬パリ・コレクションの全ルックはこちらからチェック
 「ビズビム(VISVIM)」は、過去に伊勢丹でも展示されていたアーカイブを壁一面に披露。モカシンシューズなどが並ぶ。
「ビズビム」2016-17年秋冬コレクションの全ルックはこちらからチェック
 「グッチ(GUCCI)」は、4階から移動。内装は燃えるような赤色で統一され、DSM別注のメンズ限定カプセルコレクションなどを取り扱う。
 通常白色のタグは、カプセルコレクションのために赤色に変更。
「グッチ」2016-17年秋冬ミラノ・コレクションの全ルックはこちらからチェック
「グッチ」2016-17年秋冬ミラノ・メンズ・コレクションの全ルックはこちらからチェック
 英国の老舗アウターブランド「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」からは、DSMG別注のエクスクルーシブライン「マッキントッシュ エディット(MACKINTOSH EDIT.)」が登場。
 また、このリニューアルに伴い新たに“DSMG TRADITIONAL SPACE”が誕生。ここでしか買うことのできないトラッドなメンズ・レディースのアイテムがそろう。
 「コム デ ギャルソン ガール(COMME DES GARCONS GIRL)」のスペースは、5階の「コム デ ギャルソン」からナチュラルスペースへの移動となった。
 日本ブランド「チャコリ(CHACOLI)」は、DSMG限定となるクリアトートバッグの販売をスタート。
 ブックスペースでは、ロンドンを拠点とするジュエリーブランド「バニー(BUNNEY)」の初のブランドブックとなる“GREY PAGES No.1”や、アムステルダムを拠点とするグラフィックデザイナーのイルマ・ブーム(Irma Boom)が手掛けた書籍を取り扱う。

17:31 [Comment:0]

comment